コラム

【コラム】完全平等主義、という考え 〜実践編

完全平等主義の実践について話す前に「平等」という言葉に対するありがちな誤解について説明しておきたいと思います。平等とは、全員に一律の特典や負荷を与えることを意味しません。むしろ特典や負荷の分量を「不平等に調整」するところに、本当の意味にお…

【コラム】完全平等主義、という考え

人は平等ではない── 表立ってではないにしろ、私たちは人生のあらゆる場面でそう教え込まれています。生まれついて容姿に恵まれていたり、非凡な才能があったりする人の存在は、あたかも自然が不平等を容認しているかのように見えます。そのうえ社会は、生ま…

【コラム】国とは、みんなにお金を配るための仕組み 〜デジタル・ベーシック・インカムという考え

ベーシック・インカムを実現するには、従来の税制や再分配の仕組みをすべて刷新する必要があります。そうすると、これまでのやり方で利益を独占してきた「えらい」人たちの都合が悪くなることがたくさん起こるでしょう。しかし、どうして「えらい」人の現状…

【コラム】属性がなくてもあなたは「いる」

あなたには、あなたが望む・望まないにかかわらず「属性」というものがあります。属性とは、どのグループに当てはまるか、ということです。あなたは男性かもしれないし、女性かもしれない。大人かもしれないし、子供かもしれない。日本人であるかもしれない…

【コラム】「なぐる愛」はあるのか

親が子をなぐる。兄が弟をなぐる。夫が妻をなぐる。先生が生徒をなぐる。監督が選手をなぐる。上司が部下をなぐる。と、この国には、実に多くの「なぐる」があります。これらは「体罰」と言って、なぐるほうは「愛」ゆえにそうするのだそうです。なぐる愛は…

【コラム】戦争は永久機関か

あなたは、お父さんの遺伝子を50%、お母さんの遺伝子を50%持っています。さらに言えば、父方のおじいちゃんの遺伝子を25%、父方のおばあちゃんの遺伝子を25%、母方のおじいちゃんの遺伝子を25%、母方のおばあちゃんの遺伝子を25%持っています。ひいおじ…

【コラム】あなたとは、あなたのことです

あなたとは、あなたのことです。 当たり前ですか? しかし、あなたとはあなたのことではない、と考える人がいるのです。あなたとは、誰かのものだ、と考える人が。 その誰かとは、人ではなく抽象的な存在、たとえば「国」だったりするのです。国を人のように…

【コラム】「バカ」とはなにか

「バカ」とはいったいどういうことなのか。 バカ、というのは「じぶんでじぶんの考えの範囲をしばりつけている状態」だと僕は思う。僕はとてもバカだったし、今も気をつけていないとすぐバカになる。じぶんでじぶんの考えをしばるのはらくちんだからです。し…

【コラム】国とは、みんなにお金を配るための仕組み

お金がなければ生きていけない。はたしてこれは、常識でしょうか。 驚くべきことに、これは常識です。自分の土地や家畜を持っていて、自給自足をいとなむ人でさえ、払う税金が必要です。これはどういうことかというと、現代の世界には、太古にはあった本当の…

【コラム】どちらが「えらい」か、という病

親は「えらい」先生は「えらい」などと子供は言われます。 しかし、「えらい」って何なのでしょう。 「えらい」を武器に、子供をなぐる親や先生がいます。なぐるのには、手や足や道具を使ったり、いやな言葉を使ったりするのです。子供のころに「えらい」を…

【コラム】「タバコはなぜ悪なのか」を、かしこい子供がバカな大人に説明するための絵本

どうしてタバコは悪いのですか、と子供に聞いてみましょう。 「くさいから」「からだに悪いから」 きっと、子供はそんなふうに答えます。子供は正直ですね。そして、かしこいですね。くさいのは当たり前なんです。だって、タバコのにおいの主な成分はアンモ…