回想録

僕と猫

それは、僕が小学校低学年のころの、冬の出来事である。僕はひとつ下の弟を連れて、同学年の友達二、三人とだだっ広い空き地で遊んでいた。国際空港などなかった頃の愛知県の片田舎である。ところどころの水たまりには氷が張り、枯れ草の上を残雪がまだらに…