なんのやくにもたたないいきもの

 どこかのほしのはらっぱに、なんのやくにもたたないいきものがいました。
「きみはほんとうに、なんのやくにもたたないねえ」
 なにかのやくにたついきものたちは、くちぐちにそういいました。
 なんのやくにもたたないいきものは、うんうんうなずいて、「じっさい、そうだねえ」といいました。
 なにかのやくにたついきものたちのなかから、「なんのやくにもたたないなら、きのみをたべてはいけないなあ」というこえがあがりました。
 なんのやくにもたたないいきものは、おなかをぐうとならしながら、「それなら、ぼくはすきっぱらでいるよ」といいました。
 なんのやくにもたたないいきものが、おなかをすかせてなみだをながしていると、きのみがころころころがってきて、めのまえでとまりました。
 なんのやくにもたたないいきものは、「ありがとう、ありがとう」といって、こっそりほらあなにもちかえってむしゃむしゃたべました。
 するとほらあなのそとから、「なんのやくにもたたないなら、ほらあなでねてはいけないなあ」というこえがしました。
 なんのやくにもたたないいきものは、ねむいめをごしごしこすりながら、「それなら、ぼくははらっぱでねるよ」といいました。
 なんのやくにもたたないいきものが、つめたいよかぜのふくはらっぱでなみだをながしがらねていると、おちばがかぜにふかれてやってきて、からだをあたたかくつつみました。
 なんのやくにもたたないいきものは、「ありがとう、ありがとう」といって、むにゃむにゃねむりました。

 それらはみんなゆめでした。

 なんのやくにもたたないいきものは、きのみもたべれなければ、おちばにつつまれもせず、ひとり、はらっぱでこごえていたのでした。

 ©しんかいなおと